FXのレバレッジとは?

レバレッジの基礎知識

FX取引の最大の特徴は、証拠金にレバレッジをかけて為替取引を行うことです。レバレッジをかけることによって、少ない元手で大きなお金を動かすことが出来ます。
現在、日本国内のFX業者を利用して個人の方が取引を行う場合は、レバレッジが最大25倍に設定されております。以前はもっと高いレバレッジで取引が行えたのですが、消費者を守る観点からレバレッジが25倍に抑えられるようになりました。
1ドル100円の時に1万ドルを購入するとなると、通常でしたら100万円が必要となりますが、レバレッジ25倍で取引を行えば僅か4万円で1万ドルを購入することが可能です。このようにレバレッジを活用することよって、少ない資金で大きな金額の売買が可能となります。

レバレッジによって損益は変わらない

FXを行う上で認識しておきたい事として、レバレッジによって損益の大きさが変わる訳ではないと言うことが挙げられます。FXはハイリスク・ハイリターンのイメージが有りますが、それが必ずしもレバレッジによるものではありません。
例えば、レバレッジ5倍で1万ドルを購入した場合と、レバレッジ25倍で1万ドルを購入した場合とでは、どちらも同じ値動きをすれば損益は全く同じです。ですので、リスク管理さえ行っていれば、高いレバレッジで取引を行ったとしても大きな損失を被る心配はありません。同じ値動きをしたにも拘らず損益が異なると言うことは、取引枚数が異なる場合です。1万ドルと2万ドルを購入した場合を比較すると、損益も2倍違います。
もちろん高いレバレッジを活用すれば、多くの枚数を取引することが可能ですので、ハイリスク・ハイリターンの要因にもなりますが、レバレッジが直接的に損益の大小に繋がる訳ではありません。